淡路市淡路島の『見る』-【明石海峡大橋】|淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】

淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】
020

明石海峡大橋を紹介

明石海峡大橋は、淡路島の淡路市と兵庫県の神戸市をつなぐ世界最大の吊り橋です。橋の長さは3911m!1988年に工事へ着手し、10年の歳月をかけて1998年に完成しました。明石海峡大橋のスゴイ所は、新技術を用いた維持管理システム。吊り橋の生命線となるメインケーブルの腐食を防ぐために、ケーブル内に乾燥した空気を強制的に送ります。これにより、200年以上の健全性が見込まれているんですよ!

明石海峡大橋の場所

淡路鳴門自動車道「垂水IC」より、南へ4kmほどの場所に位置しています。

一番のみどころ!

明石海峡大橋へ向かう道は、海面上50mの所に位置する格子状の橋!海上が丸見えで、まるで気分は空中散歩~。橋の上から見る壮大なロケーションは最高です。イザナギスタッフも、景色に感涙!

注意事項

見学は徒歩となりますので、ご自身だけで2km以上の歩行が可能で、階段の昇降が出来る方に限らせて頂いています。また、飲酒の方、高所・閉所恐怖症の方はご遠慮ください。

明石海峡大橋に訪れた人の感想

観光客:米田雅也の感想

普段、車で通行しているこの橋が、こんな管理をされているのだと知ることができて安心しました。眺めも壮大で感動!夕方の見学が可能だと素敵でしょうね。

観光客:神谷愛瑠の感想

住んでいる街にある吊り橋が、実は世界一だったなんて、今回はじめて知りました。すごい物の近くに住めているなんて、幸せですね。

観光客:峰松幸也の感想

将来設計士になりたくて、いろいろな建造物を見てまわっています。明石海峡大橋、すごいですね。やっぱり、改めて設計士を希望する気持ちが大きくなりました。

このサイトに記載されている情報は、淡路島のためのものです。

Copyright © 2017 淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】 All Rights Reserved.