洲本市の『見る』-【高田屋顕彰館】|淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】

淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】

高田屋顕彰館を紹介

別名「菜の花ホール」というこの資料館では、江戸後期に活躍した淡路島出身の海商、高田屋嘉兵衛(かへえ)にスポットを当てています。実はこの人は、日露間で発生したゴローニン事件を解決した功労者でもあるのです。

ちなみにこの資料館の別名である「菜の花ホール」は、嘉兵衛を題材にした司馬遼太郎の歴史小説「菜の花の沖」にちなんで付けられているそうです。

一番のみどころ!

この高田屋嘉兵衛という人物を知るための資料や、北海道交易の際に使用した北前船の復元模型などが、本当に分かりやすい形で並べられています。

注意事項

高田屋顕彰館は、高田屋嘉兵衛公園(ウェルネスパーク五色)内にありますので、お車でお越しの方は、園内駐車場をご利用ください。なお火曜日は休館日となっております。

高田屋顕彰館に訪れた人の感想

観光客:宇津木さんの感想

「海外」が未知のものであった時代に、大変尽力された方なのですね。自国の法や慣習によって解決できるものはきっと無かったのではないかと思います。全く異なる価値観・概念を持つ両国において、相互利益への同意まで辿りつかせたその力は、称えるべきものだと感じました。

観光客:佐山さんの感想

今の時代にも通じる、いや、今の時代だからこそといってもいいのかもしれませんが、高田屋嘉兵衛の考え方がいかに尊いものかを学ぶことができました。

このサイトに記載されている情報は、淡路島のためのものです。

Copyright © 2019 淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】 All Rights Reserved.