淡路市の『見る』-【絵島】|淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】

淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】

絵島を紹介

淡路島の北東部、岩屋漁港の中に浮かんでいる小さな島です。実はこの島、「国生み神話」に登場する「おのころ島」と伝えられる場所の1つなんです。元々は、陸地とひと続きだったのですが、波の浸食により、現在の島へ変わったそうなんですよ。

一番のみどころ!

夜になると、島全体が美しくライトアップされます。淡路島の景勝地として誇れる場所なのですが、それがより美しく輝きます。ちなみに、市の名勝にも指定されているんですよ。

備考

絵島には、地質学的に大変珍しい「褐鉄鉱沈殿砂岩層」があり、直に触れることも可能なのです!これは、約二千万年前の砂岩層であり、貴重なもの。県の郷土記念物にも指定されているんですよ。

注意事項

島の頂上には、かの平清盛が大輪田の泊を修築する際、自ら人柱になって人々を解放したと言われる「松王丸」という人物が祀られている社が建っていますが、残念ながら現在は登頂することはできません(地盤がもろく危険なため)。

絵島に訪れた人の感想

観光客:枝島さんの感想

西行法師の詠んだ、「千鳥なく絵島の浦にすむ月を波にうつして見る今宵かな」という歌が大好きで、訪れました。この歌の書かれてある山家集、もう、幾度よんだことでしょうか。歌に詠まれている美しさの通り、私も本当に魅了されてしまいましたね。

観光客:向山さんの感想

特有の岩肌といい、神代からの数々の逸話といい、いろいろなものが凝縮されているんですよね。

このサイトに記載されている情報は、淡路島のためのものです。

Copyright © 2019 淡路島の求人トレンド情報【イザナギ】 All Rights Reserved.